医療ローンへの申込

皮膚科での治療に掛かる料金は、ところによって医療ローンの利用も可能です。その際には本人の確認ができる身分証明証と印鑑、引き落とし用の通帳を持参していきましょう。

若返りに掛かる料金

シミのサイズ

皮膚科で設定している料金設定はところによって全く異なります。中にはシミのサイズで料金を設けているところも多く、ミリ単位で数百円ほど変動します。シミは放っておくとどんどんそのサイズを大きくしてしまうので、なるべく小さい内にシミ取り治療を受けてしまいましょう。
平均的に6~8ミリで8,000円、10ミリを超えると10,000円掛かることもあります。

お試しプラン

まずは少ないシミ取りをお試しで受けてみませんか。レーザー治療の効果も皮膚科によって多少の差があるもの。シミの数やサイズに関係なく、顔全体に施術を施すお試しプランを備えた皮膚科もあります。
時間と費用を掛けて一世一代の美容に足を踏み入れるなら、その効果を確かに実感したいものです。

料金を比較

大阪の中でも、自分の予算内で通える皮膚科を見つける為に、まずは気になるところをピックアップしていきましょう。ピックアップするときに大切なのは自宅からの距離。皮膚科ではシミ取り治療が完了するまでに幾度か通院することになるので、通いやすさは重要なポイントです。
シミのサイズではなく、レーザーのショット数によって料金を定めるところもあります。ショット数が多いほど高くなるので、カウンセリング時には目安の料金を確認しておきましょう。

施術をムダにしないコツ

美容点滴や、美容整形外科と比較して、皮膚科でのレーザー治療はやはり安いと言えます。サイズにもよりますが、美容整形外科だとレーザー治療で100,000円を超えることもあるからです。同じ効果を得るなら誰だって安い方が嬉しいですよね。
その効果を高める為にも、施術後にできるかさぶたを無理にはがそうとしないこと。かさぶたは自然に剥がれるようにすることで見事にシミが薄くなります。

日常生活で行なえる日焼け対策のアレコレ

日焼け止めを塗る

夏になると肌の露出が増える一方で紫外線のエネルギーは強くなるもの。日焼けしない為にもしっかり日焼け止めを塗ってお出かけしましょう。べたつかないジェルタイプやパウダータイプは、日焼け止めを塗っている感じが無いですよ。

真っ昼間の外出を減らす

できることなら昼間の外出を控えること。そうすることによって、そもそも紫外線に当たることがなくなっていきます。仕事上やむを得ないこともありますが、その際には入念に日焼け対策を施しておきましょう。

外出時に日傘

日焼け止めは塗り直さなくては効果がどんどん衰えていきます。頻繁に塗り直せないというときの為にも、基本的に日傘、帽子、サングラスという日焼け対策グッズは備えておきましょう。あるとないとでは大きな差が生じますよ。

UVカットの衣類

最近ではどのブランドでも増えてきたUVカット素材の衣類。着用するだけで大きな安心感が得られるものです。手の甲まで隠れるデザインのパーカーも、女性から大人気になっていますよ。日焼けはシミだけでなく、皮膚がんをもたらす可能性もあるので要注意。

車のUVカットガラス

ドライブ中の日差しでも日焼けは進行していきます。そんな日焼けを抑える為にもUVカットのガラスはおすすめ!毎日車に乗るという人ならこのガラス完備は必須と言えます。そのカット率は90%を超えると評判ですよ。

広告募集中